ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
頭語と結語

頭語とは手紙の最初に書く文面で、結語は手紙の最後にかく文面です。
読み方はそれぞれ、とうご、けつごと読みます。

頭語と結語は、手紙を出す状況や手紙の性格などによって使い分けます。
親しい友人に出すときやはがきは文面をかける場所が少ないため、省略することも多いですが、使うときにはずセットで使います。

時候の挨拶を頭語に持ってくることも少なくないでしょう。

《よく使われる組み合わせ》です。                                 
 
〇【一般的な手紙 往信】

 ・ 「拝啓」「敬具」
 *「一筆申し上げます」「かしこ」(女性特有の用語)

〇【一般的な手紙 返信】

 ・「拝復」「敬具」
 *「お手紙拝見いたしました」「かしこ」(女性特有の用語)

〇改まった手紙 往信
 「謹啓」「謹白」
 *「謹んで申し上げます」「かしこ」女性特有の用語)

 ★急ぎの手紙は「急啓」「不一」です。
 ★前文省略の手紙は「前略」「早々」です。

 ☆「かしこ」は頭語を省略したときも単独でつかえます。
 ☆女性専用の言い回しはビジネス文書では使いません。                                                                                                                         

スポンサーリンク