スポンサーリンク

2017年06月

添え状 (お中元)

ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
添え状 (お中元)

 贈り物に感謝の気持ちを託すことを忘れずに、心のこもった
文面に心がけましょう。

  ◇相手が快く受け取れるように贈り物の趣旨を簡単に書きま
 しょう。
 ◇涼しげな便せんなどにして季節感を出すのもいいですね。
 ◇何に対してのお中元なのかを具体的に述べると、誠意が
  つたわります。

 ●添え状を書く場合の注意点としては、
 ・共通の文面ですませて手書きのひと言を怠ると、そっけない
  手紙となります。

 
 ○「本来ならば、持参してご挨拶を申し上げなくてはならない
   ところですが、仕事の都合で失礼させていただきます。」

 ♪感謝の言葉

  「毎日充実した気持ちで仕事に取り組めるのも部長の尽力が
   あるからこそと、感謝しております」 

 ♪贈り物について触れる

  ・すこしでも「涼」をお届けしたくて、心ばかりの品を贈らせて
  いただきました。

スポンサーリンク

先生 お祝い 例文

ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
先生 お祝い 例文

 受勲・受賞のお祝いは、相手の栄誉をたたえ、形式にのっとって
格調高くまとめましょう!

 今までの実績や活動などを具体的に書いて気持ちを込める
とよろこばれます。(#^.^#)

 《先生の受賞のお祝い》例文です。

 拝啓 色とりどりの朝顔が咲き、朝が楽しみな今日この頃ですが先生に  は、ますますお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。
  このたびは○○○のご受賞、誠におめでとうございます。長年にわた
 り研究にご尽力されてきたご実績が実を結んでのご受賞、私ども門弟も
 たいへん喜んでおります。これまでのご研究に心からの敬意を表します
 とともに、今後も一層ご自愛のうえ、さらなるご活躍をされますよう、
 お祈り申し上げます。                 
  略儀ながら受賞のお祝いまで。           敬白 

スポンサーリンク

抗議 文例 (騒音)

ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
抗議 文例 (騒音)


 ◆近所の人への騒音に対して抗議するときは、たとえ相手側に
 完全に非がある場合でも一方的に責めてはいけません。

 感情をむき出しにして抗議すると、話がこじれてトラブルを
 起こします。

  迷惑している状況をやんわりと「お願い」する形で伝える
 ような文面にします。

【抗議 騒音の文例です】

 「突然お手紙を差し上げますご無礼を、まずお詫び申し上げます」

 「私はお宅様の階下に住んでおります○○と申します。」

  「実はお宅のお子様のピアノの音が私の部屋まで………。」

  「わが家に高齢者の親が同居しており……。」

 「当方の事情もおくみ取りの上、どうか善処していただきます
   ようにお願い申し上げます。」 

  ★トラブルにならないためにも相手の状況を思いやることも
   必要です。
    ★抗議の文面を書いた後に読み返しましょう。


スポンサーリンク

書き方 抗議

ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
 書き方 抗議

 抗議の手紙は、自分の利益や権利を侵害されたり
契約や義務の不履行で迷惑をこうむったりした場合に書きます。

 相手に過失があり、こちら側に正当な理由がある
ときに出す手紙です。


 ★相手の非を認めさせ、こちらの迷惑や損失に対して善処して
 もらうことが目的なので、相手を非難するような内容では、効果は
 望めません。

 ◆抗議の手紙の書き方は、

 ①どのように書けば事態を早く解決できるかということを
  第一に考えておいて文面を考えます。

 ②相手に明らかな非がある場合であっても、責め立てたり、
  非難を浴びせたりする表現は避けるようにします。

 ③事態を冷静に見きわめてどこに抗議するのが最も正しいか
  をよく考えた上で、客観的に事実を示します。
  
 ④相談、お願いするという柔軟な姿勢で解決にのぞみます。

 ⑤人間関係や状況を考慮した内容の文面にします。

   ★抗議をするというよりも
    相談する、お願いするい姿勢で、
     相手と一緒に解決策を考える気持ちで望みましょう!


スポンサーリンク

頭語と結語

ブログネタ
季節の挨拶 に参加中!
頭語と結語

頭語とは手紙の最初に書く文面で、結語は手紙の最後にかく文面です。
読み方はそれぞれ、とうご、けつごと読みます。

頭語と結語は、手紙を出す状況や手紙の性格などによって使い分けます。
親しい友人に出すときやはがきは文面をかける場所が少ないため、省略することも多いですが、使うときにはずセットで使います。

時候の挨拶を頭語に持ってくることも少なくないでしょう。

《よく使われる組み合わせ》です。                                 
 
〇【一般的な手紙 往信】

 ・ 「拝啓」「敬具」
 *「一筆申し上げます」「かしこ」(女性特有の用語)

〇【一般的な手紙 返信】

 ・「拝復」「敬具」
 *「お手紙拝見いたしました」「かしこ」(女性特有の用語)

〇改まった手紙 往信
 「謹啓」「謹白」
 *「謹んで申し上げます」「かしこ」女性特有の用語)

 ★急ぎの手紙は「急啓」「不一」です。
 ★前文省略の手紙は「前略」「早々」です。

 ☆「かしこ」は頭語を省略したときも単独でつかえます。
 ☆女性専用の言い回しはビジネス文書では使いません。                                                                                                                         

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • ライブドアブログ