ブログネタ
手紙の書き方(礼状) に参加中!
 梅雨があけたころから立秋(8月8日ごろ)までに出す暑中見舞い
(立秋あとは残暑見舞い)は、暑さが厳しい時期のお見舞いです。

  (お中元の送り状とかねる場合もあります)

 ☆暑中見舞いは季節感を出したオリジナルのものにしたいですね!!


暑中見舞いを書くポイントとしては、

 ◆最初のお見舞いの文字は本文より少し大きくして目出たせます。
 ◆両親へ書く場合は、子供の様子などを書き添えると喜ばれます。
 ◆相手の健康を願う言葉で結びます。


 ☆旅先からの暑中見舞いもうれしいものです♪

旅先の様子も盛り込んで楽しい暑中見舞いを書いて見ましょう。


スポンサーリンク