ブログネタ
推薦状書き方、例文 に参加中!
 ◇英語の手紙の書き方について紹介します。

   ◎英文レターの基本のレイアウトの雛形です。

目上の人や友達などビジネスや私的な場面でもマナーを守るように心がけたいですね。  
 …………………………………………………………………………………
       
          

①【差出人の住所】 
右上に自分(差出人)の住所を書くのが正式。☆友人宛ては省く ことが多い。 

③【受取人の氏名・住所】
 本分を書き出す前に、
左上に相手(受取人)
の氏名と住所を書くのが正式 。    

②【日付】
 ☆友人宛は省いてもよい。
住所の下に日付を書く。 「 月・日・年」の順(アメリカ式)

☆どんな場合でも省かない。  

④<敬辞>
 日本語の「前略」「拝啓」
などにあたり、あいさつを
かねる。ビジネス関連の
手紙や公式文書以外は、
「Dear+ファーストネーム」が
一般的。
あらたまった手紙でMr,Mrs,Miss
などの敬称をつける場合は、フル
ネームかファミリーネーム(名字)
にする。
 ☆カンマ(,)を忘れないで!

⑤<本文>
 敬辞から1~2行あけて書き始める。
・アメリカは左端をそろえて書く。
(フルブロック式が主流)
・イギリスは段落の1行目の書き出しを
 5文字分ほど下げて書く。
 (インデント式が多い)

⑥<結辞> 
結ぶの挨拶は本文から2行ほどあけてりの書く。
☆カンマ(,)を忘れないで!
                                

                 
⑦<署名>

結辞の下、同じ右寄りに、自分の氏名を自筆で書く。英語では名前が先。
名字があとになる。
ビジネスレターの場合は、自筆のサインの下に氏名をタイプ打ちすることもある。(名前を正確に読み取ってもらう為)

☆友人の手紙は必要ない。

⑧<追伸>

 P.SまたはPS(postscript)と書いて、書き
忘れたことなどを続けて書く。多くても2行ぐらい
にまとめる。それ以上になるときは本文に書くのが
礼儀。☆追伸は必要に時だけにする。     

 …………………………………………………………………‥‥‥‥‥‥
 ★手紙を書くときは間違ったスペルを書かないよう気をつけて!
     辞書を用意しておきましょう。

スポンサーリンク