ブログネタ
推薦状書き方、例文 に参加中!
通知


 ■家族の死亡を知らせる《死亡の通知》を書く場合は、

 個人的に不幸を知らせる場合は、形式にこだわる必要はありません。
家族の誰がいつ死亡したのか、死亡原因、死亡までの経緯などを伝え、
 生前、故人がお世話になったことへの感謝の意を述べます。

 いかに悲しみが深くても感情をあらわにすることなく、冷静に書く
よう努めましょう。

 ①書き出しの言葉

 「突然でございますが、本日、悲しいお知らせがございます」

 ②死亡の通知

 「かねてより療養中でありましたが、急に容態が悪化し、〇月〇日に
  逝去しました」

 ③死亡までの経緯

 ④通夜・葬儀をすませた旨の通知
 
 ⑤報告が遅れてことへのお詫び
  「急なことでしたので、ご報告が遅れましたことをお詫び申し上げま   す」
 ⑥結びの言葉
 「生前のご厚情に心から感謝申し上げますとともに、謹んでお知らせ申  し上げます」

  ★葬儀、告別式がすんでしばらくしてから出す場合、通知が
   遅れたことの事情をひと言書き添えます。

  ★はがきの場合は前文は省き、簡潔に書きます。

スポンサーリンク